ARTIST STATEMENT

This ongoing body of work is my reaction to the increasing demands and distractions of the modern day-to-day grind in Tokyo and is very much a product of the experience and exploration of trying to find some quiet in such clamour.  The slow and gradual retracing of steps and building of layers through line, colour and imagery are very much a personal metaphor for a contemplation of one’s existence (oneself, one’s actions and one’s memories) and result in a work somewhere between abstraction and the representation of such a state.  In the work, just as the addition of a new line or colour, or the retracing of a line, can cause it to merge into something fresh, or be redefined, so too can the reflection on things past evolve and change one’s perception.  In the process of doing this, I hope to feel, regain and retain the energy of the lived and contemplated moment and to hopefully depict this vitality in the work through its content and formal qualities.

Each work is the result of a gradual process where each step and stage informs and influences the next.  The works typically begin with simple line in ink.  Sometimes the lines are continuous, sometimes not; always though, they do connect and intertwine.  The lines continue; they drip and from them come images of faces all sharing the same moment, space and form.  Colour is selected and added quickly and in doing so reshapes and redefines the already present forms and shapes.  Once the colours have been blocked in, I often go back to ink and retrace the shapes that remain like memories to give them an extra dose of electricity so that their vitality might live on.  The pace of the work varies with the initial stages being typically fast, free and flowing and then gradually slowing; becoming more focused and contemplative as the work progresses.  I find the latter part of the work quite meditative: as the process slows and the eye zooms in onto small areas of pure shape and form, the mind too is freed of distraction.

The work that I have done in the past and always wanted to do has very much been introspective, instinctual and about the exploration and expression of a state of mind that I feel but am incapable of expressing effectively in words.  Increasingly, I find that the time and silence necessary for such introspection, meditation and creation is becoming harder to come by; be it due to the demands of the day or the overwhelming and ever increasing bombardment of the senses and private space with information and distraction.  I think this is very much a symptom of the age we live in and for me, the ability to free oneself from such distraction and desensitisation (if only for a short time) is of most importance .  The creation of these works is for me as much a meditative and therapeutic experience as it is a conscious act of creating something lasting and tangible.  It is through this work that I re-stake a claim on my own time, will and sense of well being.

制作意図

現在取り組んでいる一連の作品は、東京での現代の日常生活の中で様々な形で求められる要求や周囲をとりまく喧騒に対する私なりの反動であり、そ のような喧騒の中に平静を見出そうとした経験と探索の産物である。線や色やイメージを通して、ゆっくりと少しずつ線を繋ぎ色を重ねる行為は、まさに私自身 の存在(―自分や自分の行動や記憶)について内省したことの具現化であり、その中で抽象的であれ表象的であれ1つの作品が生まれる。作品では、新しく加え た線や色は、それ自体が新しいものや再生されたものとして1つになる。それと同じように、過去のことについての振り返ることは人の感覚を進化、変化させ る。その過程で、その瞬間のエネルギーを感じ、取り戻し、保持し、そして対象や形を通して作品の中でそのエネルギーを表現したい。

1つ1つの過程が次の過程に繋がり影響する。そして1つの作品が生まれる。作品はインクで描いた単純な線から始まる。1本の線は続くこともあれば途 切れることもあるが、常に他と繋がり交差している。線は繋がり、時にインクが垂れ下がり線となり、そこから顔が現れる。その顔はキャンバスで同じ時間、空 間、形を共有している。色を選んだ後はそれを感情のままにキャンバスに置く。そして既存の形や解釈を変える。色をキャンバスに置いた後、色に隠れた形や見 える形をインクでなぞる。それにより作品はその作品の持つ輝きを放つように仕上がる。制作の過程は、最初は特に速く自由で流れるように進む。そして制作が 進むにつれ、少しずつスピードを落とし、より集中し内省する。作品制作の後半は瞑想を伴う。制作過程はゆっくりとなり純粋な抽象的形状に目を向け、私自ら も作品そのもの以外のことから開放される。

私が過去に制作した作品や常に制作したいと思っている作品は、とても内省的、直感的であり、言葉では十分に表現できないような心の状態を探索し表現 したものである。そうした内省に必要な時間も平穏も見つけるのがますます難しくなってきている。日常で求められているもののため、情報や誘惑に感覚も空間 も圧倒され晒されているがためかも知れない。これは私たちが生きてる時代の特質のせいかもしれない。しかし私にとってとても大切なのは、たとえ短時間で も、そうした喧騒やそこから起きる無感覚な状態から自己を解放することである。私にとってこれらの作品の制作は、一過性のものではなく実体のあるものを創 造するという意識的行為であり、瞑想であり癒やしでもある。この創作活動を通して、私は自らの時間、意志、そして健全な感覚を取り戻すことができると感じ ている。

 

Share